Diana mind

Diana mind (ディアナ マインド)では、私の考え方をシェアしていきます。

どんな感覚で私が過ごしているのか、そんなところから少しでも何かをキャッチして頂けたら幸いです。

幸せって、実は曖昧で大雑把!?

私たちが使っている言葉は、曖昧なものばかりです。

特に、『 愛 』や『 幸せ 』という言葉は、大雑把な感じがします。


なぜなら、 Aさんの感じる幸せと、Bさんの感じる幸せは違うというのはわかりますよね?

でも、自分自身で細かく「こういうのが私の幸せです!」と言える人は少ないかもしれません。

しかも、毎日少しずつ変化もします。

だったら、自分の中の幸せ探しませんか?

伝わらないのは、本音じゃないから!?

いろんなシュチュエーションで


『 そんなつもりじゃなかったんです。』


と言う言葉を言ったり、言われたりしたことがあると思います。


この、『 そんなつもりじゃない。』って、どう言う意味なんでしょうね?


結局、自分の思った通りに伝わっていなくて、

自分が悪いと思われたとか、悪者にされたと思うからこの言葉が出てくるんです。


それって、相手に失礼じゃないですか?


そして、その真意が伝わらないってことは、素直に本音で伝えられていないってことなんですよね。

結局自分なんですけどね・・・


ってことがわかると、もうこの言葉使えなくなると思いませんか?

間違うことは、大切なステップ!

LINE@を始めてから、沢山の方とのやり取りをしています。

言葉のやり取りで、その方の立ち位置が見えてくるのですが、

何度も確認される方がたまにいらっしゃいます。


なぜ、確認なのかというと


『 自分の感覚や意見に自信がないから 』


自信がないのは、過去に間違った時に指摘されたり、

茶々を入れられたりしたトラウマからそうなることが多いのです。

間違うことを全く気にしない方もいらっしゃいます。

そういう方は、どんどん突き進めるのですが、どうしてもみなさんそうはなれないようです。


間違うことは、悪いことなのでしょうか?


知ったかぶりをして、後から取り返しがつかなくなったりしたことはありませんか?


私はあります・・・


理解できていないのに、理解しているフリをしていたら、だんだん白状することが苦しくなってきて、

そして、もうどうにもならなくなったことがあります。


その体験から、知らないことや間違うことは早めに体験するようにしています。

もちろん、考えなしで何度も間違うのはただのバカです。

それをやっている人は、自分で自分を下げている人です。


本当の自分の気持ちに正直になって行動したら、間違っても、うまくいっても

どちらでも素敵な体験となるのです。


LINE@のご登録は、こちらからお願いいたします。


人間関係は、その人の幸福度を表す!?

幸せな人に、なんで幸せなのかを伺うと人間関係や、パートナシップが円満だというお話を聞きます。


対して、不満やストレスがある人に伺うと、

大抵が仕事や友人の人間関係やパートナーとのいざこざが原因になっていることが多かったのです。


だとしたら、人間関係が円滑であればあるほど幸福度が増すということなんです。


人間関係をスムーズにする1番の鍵は、あなた自身を知ることから始まります。

今のあなたの感情は、何を感じていますか?

そして、どんなことをどんな風に考えていますか?


人間関係の関連記事を、ウェブメディアに掲載しております。

是非こちらを⇩ご覧ください。


自分の感覚を大切に!

あなたが感じることは、周りの人がどう思おうと、感じたままでいいのです。


だけれど、周りに合わせていることはありませんか?


「 〇〇さんがこう言ったから、私もそうしよう。」とか「テレビでこう言ってたからやってみよう。」

ここまではいいのです。

でも、その後自分の感覚や感想はどうだったんでしょう?


すごく有名な霊能者が、ここはすごいパワースポットです!

と言ってても、自分にとってそうでなければそれでいいのす。


でも、地位のある人や権力のある人に合わせることで、自分の感覚を閉じ込めていませんか?


あなたの感じたことは自由ですよ!

今何を感じていますか?

自分らしさとは・・・

よく、『自分らしさがわからない』とか、『〇〇さんらしい』『〇〇さんらしくない』

という言葉で、「自分らしさ」ということを表現しますが、

周りから言われる「自分らしさ」と、自分の中で思う「自分らしさ」にギャップがあることがあります。


例えば、見てわかるようなことだったら、

そこまで自分で思っていることと言われることが違うことって少ないと思います。


目の色や髪の色のように、色彩に関しての障害がない限り、違うことを言う人はいません。


でも、自分で自分の体型に自信がなかったり、満足できていない時に

周りからどんなに「美しい」と言われても、そのままを受け入れられないことってないですか?


自分が思う自分と、周りが思う自分は同じことってないんです。


と言うことは、『自分らしさ』となったら、目に見えることというよりも印象の部分なので、

よりはっきりしなくなってきます。


もし、自分を作ることなくそのままの自分を大切に思う人だったとしたら、

この自分と周りの人が感じる印象にギャップがほとんど無くなってくるんです。


もし、自分らしさがわからないと感じるときは、

周りの人が思うあなたらしさを演じているかもしれません。



だとしたら、それはどんな自分ですか?

そして、なぜそうしたのですか?



そこがクリアになったとき、自分の本音や自分らしいって本当はこういうことだった!と気がつけるはずです。




あなたのことは、あなたが1番知っています。

反省することで、人生を止めないで!

何かをしたとき、上手くいかなかったり・人に迷惑をかけてしまったりすると

殆どの人は反省します。


「あんな事してしまったから、こんな事になってしまったんだ・・・申し訳なかったなぁ・・・」

「あの場面で、もっとこうしたら思ったようになったんじゃないかな〜」


なんて感じで。


そして、悪かったという罪悪感を強く持ってしまうと、その罪悪感に振り回されて

今度は、自分で自分のダメ出しが始まります。ある種の自虐行為です。


こうなってしまうと、このループから抜けるのは少し時間がかかったりします。

そのぐるぐるが現実のような気がして、そのほかの現実が動かない

まさに、白雪姫が毒リンゴをかじって眠りについてしまったように、何も現実が動きません。

だからと言って、物語のように小人たちや王子様が助けに来てくれる確率は低いと思うんです。


だったら、自分で現実に目を向けて考えをシフトしないといけません。


どこにシフトするか、それは


反省をいかした未来の自分


未来を作るのは、あなた自身なんです。

毒リンゴで眠っていたと気がついたら、今すぐ目を覚まして未来を切り開きましょう。

人の意見に振り回されすぎないで!

私たちは、子供の頃から色んなイマジネーションを働かせてきました。

「これやってみたい!」と、「こんな風にしたらどうかな!」って。


でも、その都度両親や先生のような目上の人たちが自分たちの見解から

ジャッジしてきたことってありませんでしたか?



そう言われることが少なく育ってきた方は、「世界は自由だ」と思っています。

そして、頭を押さえつけられるように色んな思いを止められてきた方は、「世界は厳しい」と思っているでしょう。



でも、それは過去の記憶で、今もあなたを押さえつける人が側にいますか?

もしいるなら、その方とは距離をとったらいいと思います。


自分の自由な思い。自由な発想。

それがあったから、今の私たちの生活はとっても自由で色んなことができるようになってきているんです。


人の意見は、人の意見。

自分の気持ちや考えを出し惜しみしないでみてください。



きっと、心が軽くなって

自然と素敵な表情になっているはずです!